マスクで肌荒れトラブル続出?!毛穴がひらく、つまる間違った使い方

マスク毛穴開く

私、マスクが手放せなくなった時期があって、それこそ一年中マスクつけてましたね。

 

インフルエンザや花粉の季節は予防として、でもそれ以外も肌荒れを隠したり、化粧がめんどくさくてちょっとすっぴんで外出する時なんかに便利なんですよね。なんかもう、マスクつけないと人様の前にでられないというか・・・そんな風になってしまってたんですよね。

 

たしかに便利なんだけど、肌がカサカサしたりニキビが増えちゃったり・・・ん?もしかしてマスクがダメなのか?と思うこともあって。

 

たまたまコスメカウンターのお姉さんと話す機会があって、「マスクって正しく使わないと肌壊れますよ」なんて怖いこと言われたんです。

 

肌壊れますっていうのは、毛穴が開いたり詰まったり、ニキビができたり肌が荒れたり、とにかく肌トラブルが起こりやすくなるんだそう。

 

確かに納得!だってマスクつけるとあきらかに頬がカサカサするし、汗や蒸気でいつもよりベタベタするし、だんだんと鼻の毛穴のひらきも気になるようになってたので。

 

結構みんなマスクの肌荒れで悩んでますね。

 

 

 

マスクを愛用しても肌トラブルを起こさないための使い方や注意点についてまとめます。

 

マスクによっておこる毛穴や肌トラブルとは?

マスク毛穴開く

摩擦がおこる

 

最近のマスクは進化してきていて、立体になっていたり通気性がよくなっていたりしてますよね?ただ肌にぴったりと密着するつくりになっているのでどうしても肌とこすれてしまいます。この摩擦が肌荒れの原因になります。

 

マスクの中が蒸れる

 

使い捨てマスクによくみられる不織布は汗を吸収できません。それに通気性もいまいち。マスクの中はいつも蒸気があふれてムレムレベタベタ。スチームのようになってしまっているので、毛穴が開きその中にファンデーションが落ちて毛穴がつまってしまいます。

 

常に毛穴が開いている状態なので閉じるひまがなく、そこに古くなった角質や汚れ、皮脂が入り込んで角栓を作りだします。その角栓がやがて黒ずんでぶつぶつした黒い毛穴になります。

 

菌が繁殖する

 

高温多湿のマスクの中は菌が大好きな環境です。毛穴の角質や皮脂をエサにして増殖し肌トラブルを発生させます。

 

 

マスクによる毛穴のひらきやつまりを防ぎ、肌荒れしないために気を付けたいこと

 

マスクが肌に良くないとわかっているけど、マスクを使わなければならない職場だったり、ウイルスから身を守るためにはいろいろ言ってられないってこともありますよね。それでもマスクを使いたいあなたのために、注意してほしい使い方があります。

 

マスクをこまめに交換する

 

マスク毛穴ひらき

 

マスクを毎日交換していますか?

 

恥ずかしいお話ですが、私がマスクを多用していた時は何日も同じマスクをしていました。だってすぐに壊れるもんでもないし、そんなに汚れないので。でもマスクの中は湿度でびちょびちょ。それに肌にいる常在菌や外部の菌が繁殖して雑菌だらけの空間を作り出します。

 

ただでさえ蒸気で毛穴が開いているところに、繁殖した菌が入り込んで古くなった角質や皮脂をエサにしてどんどん増えていきます。その結果、ニキビが発生したり活性酸素によって毛穴が老化してひらいたりたるんだりしてしまいます。

 

肌にやさしい素材を選ぶ

 

マスク毛穴ひらき

 

使い捨てのマスクは不織布という化学繊維でできているのが一般的です。吸収性が悪く化学繊維が刺激になって肌荒れを起こしてしまうことも少なくありません。昔からあるガーゼのマスクを使ったり、不織布のマスクにガーゼを挟んであげることで直接肌にふれないので肌荒れがしにくくなります。

 

不織布の使い捨てマスクを愛用していて肌荒れを起こしてしまう時は、レーヨン・ポリエステルなどの化学繊維が肌に合わないということも考えられます。その場合、肌に触れる部分だけでも天然繊維でできているマスクを選ぶと肌荒れが軽減されることがあります。

 

使い捨てマスクでもしっとり系やぬれマスクのほうが肌の摩擦が起きにくいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ネピア 鼻セレブマスク ふつうサイズ(5枚入)【ネピア(nepia)】
価格:348円(税込、送料別) (2018/7/9時点)

 

 

 

長時間つけっぱなしにしない

 

私は毎日朝家を出るときから帰宅するまでと、夜寝るときにマスクをつけていましたね。はずしていたのは食事の時とお風呂の時だけ。

 

マスクがずっと肌にふれていてしかもこすれるので肌はいつもカサカサしていました。それにマスクの中はいつも蒸気で蒸れていて、はずしたときにメイク崩れしていることが多かったので、人様の前でとるのが恥ずかしくて。

 

でもね、やっぱりマスクをつけない時間をつくってあげるのは肌のためには必要です。肌荒れがひどくなってからは休日は一日中マスクをつけないようにしましたし、仕事がおわって職場をでたらマスクをはずすように心掛けるようにしました。

 

またマスクをはずしたらそのままゴミ箱に捨てるように徹底したので、何日も同じマスクをつけつづけることはなくなりました。

 

肌を十分に保湿してからつける

 

マスク毛穴ひらき

 

肌が乾燥した状態のままマスクをつけると、摩擦によって肌が炎症を起こしやすくなります。化粧水だけでなく乳液やクリームで肌をしっかりと保湿してからマスクを着けるようにしましょう。

 

またマスクと肌が接触しやすい場所には、ファンデーションの上から保湿クリームをうすく塗っておくと摩擦から肌を守ってくれますよ。

 

まとめ

 

マスクは外のウイルスから体を守る働きがありますね。特に冬場は愛用しているよって方も少なくありません。そんな便利なマスクですが、使い方を間違えると、毛穴の開きやつまり、肌荒れなどのさまざまな肌トラブルをおこしてしまう原因にもなります。

マスクはあくまでも一時的な使用にして、長時間つけっぱなしにしたり同じマスクを何日も使うことはやめましょうね。

ニュルニュル・ポツポツ気持ち悪い肌とおさらばしたい人はコチラを見てください!




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。