鼻の角栓を引っこ抜いたら穴がぽっかり?!放置は危険!

鼻毛穴臭い

鼻の角栓が気になるとついつい抜いてしまいますよね?

 

鼻の角栓が取れて穴がぽっかりと開いている毛穴。

 

どのようにケアしていますか?

 

どうすればいいのかわからないからそのまんま」というあなた!

 

放置は危険です!

 

角栓がとれた穴を放置するとどうなるか?

 

炎症が起こる

 

角栓がとれた穴は外部からの刺激をもろに受けてしまいます。

 

細菌が入り込んだり炎症が起こってしまうことで
ニキビになったり化膿したりする可能性もあります。

 

跡が残る

 

毛穴を広げていた角栓がとれた毛穴は大きな穴があいています。

 

そのままなにもケアをせずに放置してしまうと開きっぱなしのまま
クレーター状の跡になってしまうことがあります。

 

角栓が大きければ大きな跡が残ってしまいます。

 

角栓をとったあとのケア方法

 

すぐに引き締める

 

鼻毛穴臭い

 

収れん化粧水で毛穴を引き締めます。

 

保湿する

 

毛穴に水分を与えることで肌の修復機能を高め
ぽっかりあいた穴を小さくすることができます。

 

化粧水で水分を十分にいれ乳液やクリームの油分で
水分が乾かないようにしっかりとフタをしましょう。

 

また保湿によって毛穴がふっくらとすることで
穴が目立たなくなることもあります。

 

角栓は抜くよりも詰まらせないことが大切

 

角栓は毛穴に皮脂や古くなった皮脂がつまったもの。

 

長い間とどまっているために毛穴は形状記憶されてしまい
角栓がとれたあとも簡単には元に戻りません。

 

ぽっかり空いた穴はケアを続けて行けば段々と小さくなりますが
時間がかかります。

 

穴がふさがる前にまた汚れがたまり黒ずみができるということを
繰り返してしまうことも多いです。

 

また角栓を無理やり引っこ抜くことで毛穴にダメージを与え
跡が残ったり茶色くシミになることもあります。

 

角栓は抜くのではなく毛穴につまらせないことが大切です。

 

毛穴に汚れを残さない

 

角栓は皮脂に古くなった角質や汚れがまざったものです。

 

毛穴の汚れがしっかりととれなかったりメイクが残ってしまっていると
毛穴をつまらせる原因になります。

 

メイクはその日のうちにしっかり落とすことや
キメの細かい泡をたてて洗顔するなど毛穴に汚れを残さないことが
角栓をつまらせないことにつながります。

 

乾燥させない

 

肌が元気な状態なら毛穴の汚れは自然と外にでてきます。

 

しかし肌の生まれ変わりであるターンオーバーが遅れると
いつまでも毛穴の中に汚れがたまったままになります。

 

ターンオーバーが乱れる大きな原因は毛穴の乾燥です。

 

つまっている毛穴に乳液やクリームをぬると
つまりがひどくなるように感じるかもしれませんが
むしろ保湿不足で乾燥することのほうが角栓をつまらせます。

 

洗顔後の保湿を習慣にしましょう。

 

ついつい気になって抜いてしまう角栓ですが
その後のケアはとても大切です。

 

そしてなによりも角栓そのものを作らないようにすることが
毛穴レスのきれいな肌への近道です。

 

顔が脂臭い女は嫌われる?!そのニオイ今すぐ解決!

ニュルニュル・ポツポツ気持ち悪い肌とおさらばしたい人はコチラを見てください!




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。