鼻のクレーターが治らない!原因は?メイクできれいに隠すには?

鼻クレーター治し方

鼻の毛穴にクレーターのような穴がぽっかり!

 

メイクで隠そうとしてもボコボコして汚いし、念入りに厚化粧した日にゃ化粧崩れして悲惨。メイク落ちした鼻のボツボツ水玉模様を鏡でみて倒れそうになったことも。

 

悩んでましたね~ずっと。鏡を見るたびため息ついて。鼻がつるりんきれいなの同僚をみてうらやましくて。

 

どうしてこんな穴が空いちゃったのかって?心当たりはあります、はい・・・

 

でもね、いろいろやってみて今ではパッと見わからない状態にまで目立たなくすることができました!

 

今回は私とあなたを悩ます鼻のクレーターについてまとめていきます。

 

鼻にクレーターができてしまう原因

 

角栓を引っこ抜いた

鼻クレーター隠す

クレーターができてしまう一番の原因はコレ!毛穴につまった角栓を引っこ抜いたから!!!

 

ですよね???やっちゃいましたよね?何度も!!!

 

洗顔のあとに現れた小鼻の白いニュルニュルを指で絞り出してニンマリ。毛穴から飛び出てきたヤツを爪でカリカリ、ピンセットでひっこ抜いてニンマリ。もうあちこちにあって取りきれないから、緊急事態とばかりに毛穴パックで一気にバリッと引っこ抜いて、角栓だらけのパックを眺めニンマリ。。。

 

えっ?どうしてわかるかって?

 

だってこれ全部私がやってきたことだから。

 

でももし今もまだこんなことを続けていて、「鼻のクレーター穴なおらないな~」って思っているのなら、今すぐにやめてください!

 

ニキビが何度も繰り返しできた

鼻クレーター隠す

ニキビって同じ場所に何度もできますよね?チョコレートとか揚げ物をたくさん食べてしまった次の朝は、決まって鼻にニキビができてましたね。

 

しばらくすると治るんだけど、またおんなじ場所に。いじくりまわしておっきなニキビになってしまったこともあったし、膿がたまってつぶしてしまったこともあります。

 

何度か繰り返された結果クレーターになりました。

 

ニキビはアクネ菌が周囲の組織を破壊しながら炎症を起こします。何度もダメージを受けた皮膚の組織は再生が難しくなりクレーター状の跡になって残ってしまいます。炎症によるダメージを受けないためにも、ニキビをいじくったりつぶしたりしてはダメです。

 

また思春期ニキビと違い20代以降の大人ニキビは繰り返しでてくるという性質があるので、正しいケアが大切になります。

 

鼻のクレーターを目立たなくする方法

鼻クレーター治す

鼻のクレーターを完全に元通りにすることはほとんど不可能です。肌の細胞が元気な若いうちなら治ることもありますが、肌が衰えてきた30代以降は数年単位の時間が必要になることも。実際に私の鼻にあったクレーターが目立たなくなるまでには1年くらいかかりました。

 

でもガッカリしないでくださいね。時間はかかりますが根気よく向き合っていけばだんだんと目立たなくなっていきます。

 

それには毎日のケアが重要になります。

 

クレンジングでメイク残りを防ぐ

鼻クレーター隠す

毛穴の角栓はメイク残りなどの汚れと古くなった角質、皮脂が混ざり合ってできています。クレンジングでメイクがきちんと落とせていないと毛穴に詰まり炎症を起こします。それはニキビの原因にもなってしまうんですね。

 

毎日しっかりクレンジングをしているのに毛穴がつまりやすい、ニキビができやすいということならば、今お使いのクレンジングがあなたの肌に合わなくなってしまったのかもしれません。

 

私は出産を機にそれまで愛用していたクレンジングが急に使えなくなりました。ピリピリしてバリバリに乾燥するようになってしまったんです。

 

女性はホルモンバランスの影響によって肌質が変わることがあります。妊娠出産でバランスが乱れ弱くなってしまった肌が、刺激の強い成分に耐えられなくなってしまったのですね。

 

年齢肌とはよくいったもので、20代と30代の肌では合うクレンジングも違ってくるということです。若い頃は成分なんて気にしたことがなかったけど、自分の肌が悲鳴をあげてはじめて、肌にダメージのないクレンジングを見つけることができました。

 

濃いアイメイクもウォータープルーフのマスカラも一気に落とせるクレンジングは確かに便利です。特に子育てに追われているママにはゆっくりクレンジングしている時間もありません。すごくわかります!私もそうだったので。

 

でもね、積み重ねられたダメージはやがてシミやシワ、たるみ、黒ずみ、毛穴の開きなど何倍もの大きなダメージとなって現れます。

 

まだ肌が元気な今のうちに、しっかりと見直すことをおススメします。

 

念入りなスキンケア

 

鼻クレーター治し方

鼻にニキビができやすかったり毛穴がつまりやすいと、脂性だから保湿が必要ないと思ってしまいますよね?鼻を力任せにゴシゴシ洗った後はさっぱり化粧水でおわり!実はこれが毛穴をつまらせニキビを発生させています。

 

そもそも皮脂が過剰に分泌されるのは毛穴が乾燥しているからなんです。化粧水のあとは乳液やクリームの油分でフタをしてあげましょう。ベタツキが気になるならさっぱりタイプの乳液でもいいです。保湿を心がけたら毛穴がつまりにくくなって目立たなくなったという声は多いんですよ。

 

鼻のクレータのデコボコをメイクできれいに隠すには?ポイントはコレ!

鼻クレーター治らない

鼻のクレーターが目立たなくなるまでにはかなりの時間がかかります。でもその間、ぽっかり穴が空いたままではメイクが毛穴落ちするし、見た目も残念ですよね。

 

必死にメイクで隠しているけどかえって汚らしくなってしまうことにお悩みなら、ちょっと手順を変えてみましょう。コツをおさえると驚くほどきれいに隠すことができるんですよ。

 

毛穴の凹凸によってボコボコに見えてしまうので、穴を平らにしてあげればいいんです。それにはベースメイクをしっかりと整える必要があるんですね。

 

メイクの前のスキンケアは超重要

重曹洗顔デメリット

洗顔のあとのスキンケアは、そのあとのベースメイクの仕上げを左右する大切なものです。保湿が足りなくてカサカサして肌ではファンデのノリも悪くなるし、化粧崩れの原因にもなります。肌が乾いてカサカサな状態だと、粉っぽい仕上がりになりますし、肌の凹凸も目立ちやすくなります。

 

保湿がしっかりとされた肌は毛穴が目立ちにくくベースメイクの密着度もあがるので、ナチュラルメイクっぽく自然な仕上がりになります。洗顔のあとは化粧水をたっぷりと肌に吸い込ませてから、乳液やクリームでフタをします。テカリが気になる場合は、さっぱりタイプのものを使うと崩れにくくなります。

 

化粧下地を使う

 

化粧下地を使っていますか?最近の化粧下地はとても優秀です。毛穴の凹凸を平らにするだけでなく、顔色を明るく見せてくれたり皮脂を吸収する成分があるものも。テカリをおさえることができるのでメイク崩れしにくくなります。

 

化粧下地の塗り方はコチラがわかりやすいです!

 

鼻のクレーターを隠すのならBBクリームがオススメです。もともと肌の炎症を抑え傷跡を隠すためにつくられたクリームなので、カバー力が高く紫外線カット効果もあります。コンシーラーを液体にしたような濃度の高いリキッドのようなカンジなので、凹凸をしっかりと隠すことができます。

 

ファンデーションの選び方

鼻クレーター治らない

ベースメイクでほぼでこぼこ感はなくなります。あとはファンデーションを薄く重ねるだけ。ファンデーションにも皮脂を吸収する作用のあるものがでているので、そういったものを選ぶことで、クレーターにメイクが落ちることを防げます。

 

仕上げにフェイスパウダーがあれば完璧です。フェイスパウダーは光を跳ね返すことができるので肌をきれいにみせてくれますよ。

 

肌がキレイだと見た目も若く見られるし、自信も持てるから印象も明るくなります。鼻のクレーターが目立たなくなるまでには時間がかかるので、テクを身に着けてきれいに隠しちゃいましょう ( ´艸`)

 

毛穴に落ちてしまったファンデを目立たなくするメイク直しの方法はこちら

 

 

まとめ

 

鼻のクレーターを治していくのには時間がかかります。ですが、正しい方法でケアを続けて行けば目立たなくすることはできます。時間を味方につけて頑張りましょうね!

ニュルニュル・ポツポツ気持ち悪い肌とおさらばしたい人はコチラを見てください!




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。