顎のザラザラは角栓?乾燥?ニキビになる前にケアしよう! 

顎ザラザラ毛穴

顎をさわるとザラザラしている・・・

 

よくみると白い汚れのようなものが毛穴についている・・・

 

毛穴からたくさんの白いかたまりが飛び出ているとメイクのノリは悪いし、見た目もとても残念ですよね。

 

さらに毛穴のザラザラを放置してしまうと炎症を起こして肌トラブルの原因になってしまうことも!

 

原因と正しいケアを知ってつるつるの顎にもどしてあげましょう。

 

顎のザラザラ角栓をつるつるにする方法を見てみる!

 

顎がザラザラするのは乾燥しているから?その正体は角栓だった!

顎ザラザラ毛穴

洗顔をしっかりしているのに毛穴がつまってしまうのは、洗いすぎによる乾燥が原因であることが多いです。

 

洗いすぎによって肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌を守るために皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

 

この皮脂に古い角質やメイク残りの汚れなどが合わさりできた毛穴のつまりを角栓といいます。

 

毛穴につまった角栓を放置してしまうと毛穴を押し広げたり、炎症を起こしてニキビを引き起こしてしまうこともあります。

 

顎のザラザラはかたい?やわらかい?角栓のタイプは2つ!

 

顎のザラザラがごわついていてかたい

 

顎のザラザラがゴワゴワしていてかたい。これは洗いすぎや保湿不足による乾燥が原因であることが多いです。

 

さわるとザラザラしているとついついゴシゴシやってしまいがち。でも力で毛穴の汚れは落ちないし皮膚が刺激を受けることで乾燥して毛穴のつまりのもととなる皮脂を過剰に分泌させてしまいます。

 

顎のザラザラが白くてやわらかい

顎ザラザラ毛穴

顎のザラザラをさわるとねっとりとしてやわらかい。ピンセットでつまもうとしてもすべってつまめないような状態なら、クレンジング不足によるメイク残りや皮脂残りである場合もあります。

 

顎は洗顔の最後の方にちょちょっと洗っていませんか?また顎の形はくぼんでいるのできちんと洗えてないこともあります。肌に残った汚れや皮脂が毛穴につまって白いやわらかい状態になります。

 

この場合、角栓というよりは汚れなのでしっとりねっとりとしたやわらかい感触になります。

 

ちゃんとできてる?顎のザラザラの正しいケア方法!

 

顎のザラザラがかたい時の対処方法

 

洗いすぎない

 

顎の毛穴が黒ずんでいたりさわってゴワゴワしていると、なんとか汚れを落とそうとゴシゴシ洗ってしまうこともありますよね?

 

でも実はその洗いすぎが乾燥を引き起こし、さらなる皮脂の分泌を促してしまいます。

 

洗顔は朝と夜の2度で十分です。毛穴やベタツキが気になるからと一日に何度も洗顔したり力を込めて洗うのはやめたいです。

 

スキンケアを怠らない

顎ザラザラ毛穴

洗顔後は化粧水や乳液でお手入れをしているのに顎のザラザラが気になるなら、保湿が足りていないことが考えられます。

 

頬や目の周りは念入りにスキンケアをしていても顎や首って忘れがちな場所なんです。

 

スキンケアをするときは最初に顎から始めるように意識してみてくださいね。

 

化粧水だけでは水分がすぐに蒸発してしまいます。乳液やクリームの油分でしっかりとフタをして潤いを逃がさないようにしましょう。

 

紫外線対策は一年を通して必要

顎ザラザラ毛穴

夏の日差しが強い時期は紫外線対策をしていても、秋や冬になることには日焼け止めを使わないという方は意外と多いです。

 

紫外線は一年じゅうふりそそいでいるので紫外線対策を怠ってしまうと肌に刺激を与えバリア機能を低下させます。バリアが弱くなった毛穴は外部の刺激から守るために皮脂をたくさん出してしまいます。これが毛穴につまりザラザラの原因になってしまいます。

 

紫外線対策を毎日の習慣にすることは顎のザラザラを予防するだけでなく、したとしないとでは5年後10年後の肌は確実に違ってきます

 

顎のザラザラが柔らかい時の対処方法

 

クレンジングは顎を最初に洗う

顎ザラザラ乾燥

顎は洗い残ししやすい場所です。毛穴が気になる小鼻や頬は意識して洗っていても、顎を念入りに洗うって方は少ないですよね?

 

私も顎のザラザラが気になるようになるまでは顎を意識して洗ったことはなかったですね(笑)。

 

なのでメイク残りや皮脂が洗い流されずに残ってしまいます。これが毛穴をつまらせてザラザラにします。

 

口の下はくぼみがあるし丸くなっているので洗いにくい場所ですよね。意識しなければ洗い残してしまうことも十分に考えられます。顎を洗う時は下唇と下の前歯の間に舌を入れて、下あごをふくらませるようにして洗うと洗いやすいです。

 

でもこの時に決してゴシゴシ洗顔しないでくださいね。あくまでもやさしくなでるように洗います。

 

また洗顔の前にホットタオルで毛穴をひらくことも効果的です。毛穴がひらき皮脂やメイク残りの油分がやわらかくなるので、力を入れなくても簡単に落とせます。

 

クレンジングを見直してみる

 

顎を意識して洗ってもザラザラができてしまうなら今お使いのクレンジングがあなたの肌に合わなくなってしまったことが考えられます

 

私は出産を機に今まで使っていたスキンケアが使えなくなりました。ピリピリと刺激を感じるようになってしまったんですね。

 

女性はホルモンバランスの変化によって肌質が変わってしまうことがよくあります。若い時からずっと同じクレンジングを使っている、しっかりとクレンジングをしているのに毛穴がつまりやすいと感じるならクレンジングを見直してみてはいかがでしょうか?

 

ここでおすすめなのが当サイトでもたびたび紹介している「リ・ダーマラボ」です。

顎ザラザラ毛穴

美容成分が99.8%も配合されているまさに美容液で洗うクレンジング。しかも皮膚科医も認めた毛穴専用クレンジングです。

 

ぷるぷるとやわらかいこんにゃくスクラブが毛穴を傷つけることなく汚れだけをかきだします。

 

美容成分がたっぷりだから洗い上がりもしっとり。ダブル洗顔は不要なので肌が乾燥することもありません。

 

毛穴専用クレンジング「リ・ダーマラボ」をもっと詳しくみてみる!

 

顎のザラザラを予防するには?

毛穴改善食べ物

正しい洗顔とスキンケアを続けていけばだんだんと顎のザラザラがなくなってツルツルになってくるのを実感できます。

 

さらに気を付けたいのが食生活です。顎のザラザラを引き起こす皮脂量の増加は食事の影響も受けます。毛穴がつまりやすかったり肌がべたつきやすいと感じるなら皮脂を作り出す動物性脂肪や砂糖などの中性脂肪を取りすぎていることも考えられます。

 

外食やコンビニ弁当が多かったり揚げ物や甘いものを好んで食べるという習慣があるのなら、食生活を改善することで毛穴のつまりを予防できます。

 

野菜を多くとり脂っこい食事を控えることは肌にもカラダのためにも効果的です。

 

顎のザラザラは毎日のケアが大切

顎ザラザラ毛穴

顎のザラザラは見た目も残念だし、メイクのノリも悪くなってしまいます。

 

だからといってピンセットで引っこ抜いたり毛穴パックでバリッとはがしても根本的な解決にはなりません。またすぐにあらたな角栓があらわれます。正しいケア方法でザラザラ角栓のできない肌になっちゃいましょう!

ニュルニュル・ポツポツ気持ち悪い肌とおさらばしたい人はコチラを見てください!




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。