朝におすすめの洗顔方法!美肌になるなら洗顔料で洗う?それともお湯だけ?

朝洗顔方法おすすめ

朝の洗顔は必要?いらない?どうすればいいのか悩んでしまうことありますよね。

 

・寝ただけだからそんなに汚れてないからお湯だけで十分な気がする。

・肌の乾燥が気になるからなるべく洗顔料を使いたくない。

・なんとなくベタベタするからスッキリ洗いたい。

・朝はバタバタしていて時間がないから洗顔は簡単にすませたい。

 

そんなお悩みいっぱいの朝の洗顔について、美肌になるためのおすすめの方法をお伝えしていきます。

 

美肌のために朝の洗顔に洗顔料は必要?

水洗顔朝

朝の洗顔はほとんどの方が日課にしていますが、その方法についてみてみると「お湯や水のみで洗う」と「洗顔料を使って洗う」に分かれます。

 

私自身、お湯のみで洗っていた時期もありましたし、洗顔料を使っていた時期もあります。

 

使っていた洗顔料も泡で出てくるタイプや泡立たないジェルタイプ、石けん、洗顔もできるクレンジングとさまざまなものを使ってきました。

 

で?結局どっちにすればいいの?という疑問に対しては「どっちがいいともいえない」というのが私の出した答えです。

 

お湯だけで調子がいい時もあったし、洗顔料を使うことで肌が整ってメイクのノリがよくなることもあります。

 

なので結論としては「その時の自分の肌の状態に合わせる」という答えにたどりつきました。

 

乾燥していたり肌が疲れている時はお湯のみでやさしく洗顔して、ベタつきや毛穴の汚れが気になる時は洗顔料を使って洗う。

 

美肌になるためには朝洗顔に肌を刺激してしまうような成分の強い洗顔料は必要ないけれど、石けんや洗顔料を使うことが悪いとも思っていません。

 

朝起きた時の肌は汚れていないのか?

朝洗顔方法おすすめ

では朝起きた時の肌は汚れていないのでしょうか?

 

夜は一日の汚れが気になりますが、寝ている時は室内だし朝は肌が汚れていないように感じますよね?

 

でも実は寝ているだけの夜の間にも毛穴から皮脂や汗がでています。また夜につけたスキンケアの油分が酸化したり、皮脂や角質が酸化して毛穴の黒ずみになってしまうことはあります。

 

またシーツやまくらなどの寝具にもほこりやダニの死骸、雑菌などが付着していることが多く意外と汚れています。

 

それらが肌について毛穴が汚れた状態でメイクをしても、ノリが悪くなってしまったり化粧崩れしやすくなってしまうんですね。

 

美肌のためには洗顔料を使う使わないにかかわらず朝の洗顔は必ず行いたいです。

 

そしてその洗顔方法に洗顔料を使うのかについては肌の状態や肌質に合わせていく必要があります。

 

この肌状態にはどんな朝洗顔が合ってる?

 

乾燥肌や敏感肌

 

乾燥肌や敏感肌ならそんなに必死にガシガシ洗う必要はなく、むしろ朝はぬるま湯で洗い流すだけで十分です。まず手を石鹸できれいにしてから肌をなでるようにやさしくお湯で洗い流します。

 

タオルでこすらないように水分を吸収したら、化粧水や乳液でしっかりと保湿をして乾燥を防ぎましょう。

 

オイリー肌

 

朝からテカテカのベタベタ、オイリー肌のあなたは泡をしっかりとたてた洗顔料でやさしく洗いましょう。毛穴の皮脂や汗がリセットされて化粧水や乳液が浸透しやすい状態になります。

 

このオイリー肌の原因は実は乾燥だったりします。ベタつくから化粧水をぱぱっとつけておわりっ!なんてスキンケアを続けていると、ますます肌は乾燥して皮脂がじゃんじゃかでてきます。洗顔後の保湿は必須ですよ。

 

洗顔方法はコチラがわかりやすいです!

 

 

毛穴汚れが目立つ肌

 

毛穴がつまっていたり黒ずんでいるのが気になる肌には汚れを吸着する作用のある洗顔料がオススメです。ぬるま湯だけの洗顔では毛穴の奥の汚れまで落とすことができないので余計に黒ずみが目立ってしまいます。

毛穴汚れをしっかり吸着!朝洗顔におすすめの方法はコレ!

 

朝の洗顔は肌に負担をかけないものを選ぶ

鼻下角栓取り方

時間のない朝は洗顔の時間も惜しく感じてしまうこともあります。朝洗顔に向けた時短洗顔料も数多く販売されています。中には使い方を注意しないと肌に負担をかけてしまうものも少なくありません。

 

朝用ふきとりシートの摩擦に注意

 

朝用ふきとりシートは泡立てたり洗い流したりする必要がないので愛用しているという方も少なくありません。ただどんなにやさしくふきとっても肌をこすってしまうことが避けられません。また洗い流す必要がないので肌にアルコールの成分が残ってしまってそれが刺激になってしまうこともあります。

 

肌が元気な20代ならこういった刺激も耐えられますが、肌が衰えはじめた30代からは摩擦や刺激がシミやしわ、乾燥に直結します。

 

泡で出てくる洗顔フォームは成分に気を付けて

 

ふきとりシートと同じくらい人気なのが泡で出てくる洗顔フォームですね。スプレー缶をプッシュするだけでもこもこの泡が一瞬ででてくる手軽さは、忙しい朝には助かるアイテムです。

 

私も洗顔フォームを愛用していた時期がありますが、肌の調子が悪くなって使えなくなってしまいました。そのころはあまり成分を気にしたりしていなかったのですが、肌トラブルが起こってからは成分を確認するようになりました。

 

気を付けたい成分としては香料や防腐剤などの添加物と石油系合成界面活性剤です。これらは洗浄力が強いので汚れはすっきりと落ちますが、その分肌を刺激してしまいます。

 

朝洗顔に強い成分は必要ありません。肌のためにもその成分が本当に必要なのか見極めて使うことも大切です。

 

成分もですがそれよりも私を悩ませたのがスプレー缶のゴミの処分でした。山のようにたまってしまったスプレー缶を見てためいき・・・。個人的な意見になりますがエコの観点からもあまりおすすめできません。

 

朝の洗顔方法は肌の状態に合わせて変えていくのがベスト!

眉間しわ深い

朝の洗顔方法にコレ!っというものはひとつではありません。

 

というのも肌の状態は人それぞれ違いますよね?

 

それに季節や体調によっても微妙に変化します。

 

だから自分の肌の状態とよく向き合い、その時々の状態にあった洗顔方法を使い分けていくのが一番おすすめの方法です。

ニュルニュル・ポツポツ気持ち悪い肌とおさらばしたい人はコチラを見てください!




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。