頬がボコボコしてかゆみもある!どうすればいいの?

頬ガサガサ

突然頬がボコボコしてかゆみがでたら心配になりますよね?

 

いつもの化粧品で肌がピリピリするようになったり
頬やあごが赤くボコボコしてかゆみがあったり。

 

いつもよりも化粧ノリが悪かったり肌の乾燥を感じたり。

 

いったいどうなってしまったのでしょうか?

 

頬ガサガサ

 

このようなボコボコやかゆみは何らかの刺激で肌に炎症が
起こっていることが考えられます。

 

皮膚科に飛び込んだらステロイドを処方されてさらに悪化したり
逆に保湿剤で様子をみるようにいわれて全然改善しなかったり。

 

途方にくれてしまいますよね?

 

頬のボコボコやかゆみの原因は?

 

乾燥

洗いすぎや保湿が足りないことで肌のバリア機能が低下して乾燥が起こります。

 

刺激を受けやすくなって湿疹がでたり毛穴がたるんでボコボコにみえたり
ひどくなるとかゆみがでることもあります。

 

アレルギー

乾燥によってバリア機能が低下していると外部の刺激をもろに受けます。

 

いつもなら平気だった紫外線や花粉などによる
アレルギーの反応が出やすくなってしまうことも。

 

ハウスダストにも反応がでてしまったり、
突然化粧品がピリピリするといったことも起こってしまいます。

 

乾燥が原因ならスキンケアを見直すことで改善することができます。

 

頬のボコボコやかゆみを改善するスキンケア方法

 

泡できちんと汚れを落とす

しっかりとした泡で洗顔していますか?

 

泡立てってめんどうだったりうまく泡立たなかったり・・・

 

でも毛穴の汚れは泡の状態でないと落ちません。

 

毛穴の中に入った泡が汚れを浮かしからめとって落とすからです。

 

ダレダレの水分の多い泡だったりそもそも泡立てないで洗うのでは
肌の表面は摩擦で傷つき毛穴の中には汚れが残ったまま。

 

その汚れがボコボコやかゆみの原因になります。

 

泡を立てることは大切です。

 

こすらない

洗顔はこするものと思っていませんか?

 

自分では力を入れていないつもりでも意外と肌を刺激していることが多いです。

 

たっぷりの泡を肌にのせてその弾力で汚れを吸着しましょう。

 

こする必要はまったくありません

 

保湿する

化粧水はつけるんだけど乳液やクリームはつけない。

 

こんな方が意外と多いです。

 

化粧水で水分を補うことはできますがそれだけでは
あっというまに乾いてしまうので意味がありません。

 

水分を保つためには乳液やクリームなどの油分でフタをしてあげる
必要があるんですね。

 

ベタベタするから・・・というあなた。

 

そのベタベタは乾燥で皮脂がでている証拠です。

 

化粧水の後は乳液でしっかりと保湿をしましょう。

 

乾燥には保湿が大切ですが、それよりも重要なのが洗顔です。

 

洗顔は肌を乾燥させてしまう一番の要因なので
肌に刺激のない成分にもこだわりたいです。

 

洗うたびに潤うクレンジングは花綸肌潤(かりんきりん)

 

鼻テカテカ

 

私はずっとオイルクレンジングを愛用していました。濡れた手でも使えるし肌がキュッキュッするくらいさっぱりと洗えるのがお気に入りでしたね。

 

でも出産を機にオイルクレンジングが使えなくなりました。妊娠、出産でホルモンバランスが崩れて肌質が変化したためですが、肌がピリピリして刺激を感じるようになってしまったんです。

 

それでもしばらくは使っていましたが、おでこや鼻はギトギトベタベタするのに、頬や目のまわりは粉が吹くほどかっさかさ。あかぎれのような状態になってしまったんです。

 

肌が弱くなっていたのに強い洗浄成分のオイルクレンジングでゴシゴシしていたのですから当然と言えば当然なのですが、その時はどうして急にこんな肌になってしまったのかわからず、汚い肌に悩んでいましたね。

 

そんな時にかりんきりんを見つけました。

 

W洗顔不要だから洗えば洗うほど潤う

 

花綸肌潤(かりんきりん)はW洗顔不要のクレンジングです。

 

肌を洗うことは大切なのですが方法を間違えると刺激になって肌トラブルを起こします。

 

・クレンジングの後に肌がつっぱる
・顔が脂でベタベタする
・毛穴がつまりやすい

 

こんな症状を感じていたらクレンジングが合っていないかもしれません。

 

かりんきりんは洗えば洗うほど潤う美容液クレンジングです。

 

1本で「クレンジング」「洗顔」「マッサージケア」「老化角質ケア」「毛穴トリートメント」「保湿トリートメント」「エイジングトリートメント」の7つの効果があります。

 

クレンジングと洗顔ができるのでダブル洗顔は不要です。

 

時短にもなるしなにより肌に余計な負担をかけずにすみます。

 

保湿成分配合のクレンジングはいろいろありますが、洗浄剤にほんのちょっとの保湿成分を配合しているものが多いです。

 

なので保湿成分も一緒に洗い流されてしまって潤いを感じることができません。

 

かりんきりんは保湿剤そのものに洗浄機能を持たせています。

 

つまり保湿剤で汚れを落とせるというわけです。

 

だから洗えば洗うほど潤っていくんですね。

 

こんにゃく由来の天然スクラブが角質だけを取り除く

 

またこんにゃく由来の「マンナンスフィア」は赤ちゃん用のスポンジや、敏感肌向けのスキンケアに使われる天然スクラブです。

 

肌に負担をかけずに余計な角質を優しく取り除きます。

 

皮脂の過剰な分泌で肌をべたつかせるのは乾燥です。

 

乾燥を防ぐには洗浄力と保湿力のどちらが欠けてもダメなんですね。

 

刺激がなくしっかり洗えて、洗顔後に化粧水を忘れるほど潤うかりんきりんで、あんなにひどかった私の肌は驚くほど変わりました!

 

洗顔やクレンジングは洗い流すものだからどれを使っても同じって思っていたけど、成分って本当に大切です。

 

乾燥は毛穴の詰まり、黒ずみ、たるみ、しわ、かゆみなどたくさんのトラブルを起こします

 

毛穴にきちんと水分が補給されれば、皮脂は必要な分だけ分泌されるようになります。

 

だまされたと思って今日からスキンケアを変えてみましょう。その変化に驚くはずです!

 

乾燥が原因といってもボコボコやかゆみが出るほど悪化していると改善には時間がかかります。

 

中には数か月または1年くらいかかることも。

 

じっくりと取り組むつもりであせらないことが改善への近道になります。

 

すぐに実践していきましょう!

ニュルニュル・ポツポツ気持ち悪い肌とおさらばしたい人はコチラを見てください!




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。