角栓パックでは毛穴の汚れが取れないのはどうして?

鼻角栓

角栓パックが流行りましたね。

 

私も20代の頃は週に何度もやってましたね~。

 

でも角栓パックでは取れないんですよね、毛穴の汚れがすっきりと。

 

何かが毛穴の中に残っているように見えます。

 

しかもパックを繰り返したために鼻の毛穴は開きっぱなし。

 

無理やりひっぱがすから乾燥もひどくて
どんどん毛穴のつまりや黒ずみが悪化していきました。

 

今、いちご鼻やポツポツ毛穴で悩んでいるあなた!

 

角栓パックはいますぐにやめてください!

 

パックでは角栓を根本的に解決することはできません

 

一瞬ごっそりとれて毛穴がきれいになったように見えますがそれは錯覚です。

 

すぐに元に戻ります。

 

そして毛穴の黒ずみやつまりはどんどん悪化していきます。

 

さらにパックで角栓をはがすと毛穴が開きます。

 

これは土から大根を引っこ抜くのと同じ原理です。

 

入口を押し広げながらでてくるんですね。

 

なのでさらに毛穴の開きは大きくなります。

 

そして一度開いた毛穴は元に戻りません。

 

また角栓がとれた毛穴はぽっかり口をあけた状態になります。

 

ほこりやアカが入り込みやすく余計につまりやすくなります。

 

鼻角栓

 

角栓は毛穴を外部刺激から守るためにあります。

 

それをムリに引っ張って取り除いたとしても
またすぐに毛穴を守るために発生します。

 

角栓はとるものではなくできないようにすることが重要です。

 

肌を守るためにあるのでまったくなくすことはできませんが
目立たなくすることはできます。

 

角栓にはアルカリ性洗顔料が効果的?!

 

角栓の正体は古くなった角質と皮脂

 

その70%がタンパク質だといわれています。

 

タンパク質はアルカリ性でないと中和して落ちないようになっているの
弱酸性ではなく弱アルカリ性の洗顔料が効果的です。

 

肌に刺激がないのは弱酸性なんて思い込みは捨てましょう。

 

弱酸性は合成界面活性剤が含まれた強力な洗浄成分で汚れを落とします。

 

これだと肌が刺激を受けて乾燥するので
表面はテカテカだけど中はカサカサというインナードライ肌ができてしまいます。

 

角栓をつるんと落とす濃厚炭酸泡のテンデシカ

 

テンデシカ炭酸泡洗顔

 

テンデシカは泡で出てくる洗顔料です。

 

濃厚な炭酸泡に含まれる炭酸にはタンパク質を柔らかくする働きがあります。

 

毛穴に詰まった角栓も70%以上がタンパク質でできています。

 

テンデシカの濃厚炭酸泡が角栓をとかし効果的に取り除きます。

 

毛穴よりもこまかい炭酸泡が毛穴の奥まで入り込んで
パチパチはじけて汚れを浮かして落とします。

 

でも決して肌を刺激するような強さではなく
じゅわじゅわと毛穴にしみ込みます。

 

「敏感肌でも使えた」という声も多いんですよ。

 

モコモコの炭酸泡を顔にのせてそのまま1分待つだけ。

 

こする必要はありません。

 

肌に刺激がないから洗顔しても乾燥しらず。

 

汚れはつるんと落ちるのにしっとりすべすべなんですね。

 

また炭酸の効果でじんわりと温かく血行が促進されるので
肌のくすみが消えて透明感のある明るい肌になります。

 

とても手では作れないくらいの濃厚な炭酸泡が一瞬でできます。

 

泡立てが面倒だったり苦手だというストレスがないです。

 

しかもいつもモコモコの状態ででてくるので肌への刺激もないし
忙しい朝に泡がたたなくてイライラすることもありません。

 

テンデシカは天然のアミノ酸洗浄剤を使用しています。

 

これは赤ちゃんや敏感肌向けの石鹸に多く使われている
成分です。

 

だから肌を保護しながら優しく洗うことができます。

 

テンデシカは定期コースがお得!

 

通常価格3200円ですが定期コースならなんと初回は半額の1600円

 

送料も無料です。

 

2回目以降も20%割引になります。

 

定期コースは6回の継続が必要になりますが
もし肌に合わないとか効果を実感できないということなら
全額返金保証を利用しましょう。

 

テンデシカ薬局

 

30日以内なら使用済みでも全額返金してもらうことができます。

 

購入日から30日以内に電話かメールで連絡するだけ。

 

これなら初めてでも安心しておためしできますね。

 

全額返金保証が使えるのは公式サイト限定です。

 

毎日の洗顔が変われば角栓は自然と目立たなくなります。

 

もう角栓パックとはさよならしましょう!

ニュルニュル・ポツポツ気持ち悪い肌とおさらばしたい人はコチラを見てください!




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。