毛穴は氷水や氷パックで引き締まるってホント?!効果とやり方

毛穴氷パック効果

毛穴トラブルの悩みはつきません。

 

だるんと開いた毛穴や、詰まってしまった黒ずみ毛穴、炎症を起こしてニキビになってしまった毛穴などなど・・・。

 

そんな毛穴トラブルが氷を使うことで解決できるって知ってました?

 

今回は氷水や氷パックで毛穴を引き締める方法とその効果についてまとめました。

 

毛穴を氷でパックするとどんな効果がある?

 

氷パックとは?

毛穴氷パック効果

「氷パック」は「氷マッサージ」とも呼ばれています。インスタグラムで有名な美容家がテレビで紹介したことで、広く知られることになった美肌方法です。

 

洗顔後に毛穴を氷でパックすることで、毛穴が引き締まったり小顔になったりする効果があるんだそう。

 

毛穴を氷でパックするとどんな効果が得られる?

 

肌を冷やすことによって血行がよくなり新陳代謝が活発になります。肌の生まれ変わりであるターンオーバーが活発になることで毛穴の中の不要なものが排出されやすくなり毛穴の詰まりが改善されるんだそう。

 

また急激に肌を冷やすことで毛細血管が鍛えられハリや弾力がアップする効果も期待できます。

 

毛穴を氷でパックするやり方

 

毛穴を氷でパックするやり方はとっても簡単です。

 

材料:氷、コットン、化粧水

①化粧水をコットンにしみ込ませて肌全体にのばす

②そのコットンに精製水で作った氷1個をのせて包み、氷が解けてでてきた冷たい水を毛穴の気になる部分にあてる。

③氷がとけるまでくるくるマッサージしたら終了

④いつもどおりのスキンケアをする

 

こちらのやり方がわかりやすかったです!

 

毛穴を氷パックするタイミングはいつ?

 

毛穴を氷パックするタイミングですが、朝の洗顔のあとと夜のお風呂上りが効果的です。どちらも毛穴が開きやすくなっているから。朝は時間がなくてバタバタだという方は夜から始めてみてくださいね。

 

毛穴を氷でパックする時の注意点

 

毛穴氷パック効果

やりすぎは厳禁!

 

氷パックや氷水洗顔をした時に肌にピリピリと痛みを感じることはありませんか?敏感肌や肌が薄い場合、氷パックや氷水は刺激が強すぎることがあります。冷やし過ぎるのはよくありませんよ。

 

痛みを感じたらすぐにやめてください。その刺激で肌にかゆみが起こってしまったりしもやけになってしまうことがあります。

 

あくまでも肌が気持ちよく感じるくらい。この感覚は大事です。

 

水道水で作った氷ではダメ?

毛穴氷パック効果

氷パックや氷水洗顔を水道水で作った氷でやっていませんか?水道水には塩素が含まれています。水道水の残留塩素が肌の乾燥を招いてしまうことがあります。

 

特に氷パックは肌に密着させている時間が長いので塩素の刺激をもろにうけます。せっかく毛穴を引き締めるために始めた美容方法で、肌を痛めてしまっては意味がありませんよね?

 

氷パックや氷水洗顔に使う水は精製水をおススメします。精製水は薬局やドラッグストアで手に入ります。

 

氷の刺激が強すぎるなら氷水洗顔に切り替えてみて!

 

敏感肌だったり肌が薄いと氷パックだと刺激が強すぎて肌トラブルの原因になってしまうことがあります。これだと毛穴を引き締めるどころかかゆみがおこってしまったり乾燥の原因になってしまうことも。

 

氷パックだと刺激が強いなら氷水洗顔に切り替えましょう。

 

洗顔後に氷でパックする代わりに、洗面器にためた冷たい精製水に精製水で作った氷を入れて冷やし、手ですくいながら優しく肌をパッティングします。長い時間やる必要はなく、肌が冷えたと感じたくらい(5分程度)で十分です。

 

氷水洗顔のあとは肌が乾燥しやすくなっているので、スキンケアは怠らないようにしましょう。

 

気になる毛穴を氷パック!みんなの感想!

 

ツイッターの口コミを調べてみてもたくさんの方が効果を実感している様子。

 

 

 

 

 

氷水や氷パック効果で毛穴レスな美肌に!

 

毛穴氷パック効果

氷水や氷パックを使った毛穴ケアのいいところは、簡単で誰でもすぐにできることと、お金があまりかからないので続けやすいということでしょう。

 

肌がツルツルになった!ニキビや毛穴に悩むことがなくなった!とうれしい声もたくさん!

 

そんなに効果があって簡単にできるなら試さない手はないですよね。

 

氷水や氷パックで毛穴ケアはじめてみませんか?

ニュルニュル・ポツポツ気持ち悪い肌とおさらばしたい人はコチラを見てください!




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。