毛穴の黒ずみが消えないなら洗顔方法を見直そう!正しい洗顔で美肌をめざす

毛穴黒ずみ消えない

毛穴の黒ずみって気になりますよね?

 

おでこや眉間、小鼻やあごのポツポツをついつい指で押し出してみたり何度もさわってしまったり。

 

雑菌のたくさんついた指で毛穴を刺激すると炎症が起こり、ニキビの原因にもなってしまいます。

 

なかなか消えないその黒ずみは正しい洗顔でなくすことができます。

 

今回は毛穴の黒ずみを落とすことができる洗顔方法についてお伝えします。

 

黒ずみ毛穴をなくし予防するために大切なこと

 

  • 肌を刺激しない
  • 皮脂や角質を落とし過ぎない

 

洗いすぎは肌を刺激して毛穴を乾燥させ、バリア機能を低下させます。バリア機能が低下すると毛穴を守るために皮脂がたくさん分泌されます。

 

乾燥して乾いているのに出過ぎた皮脂によって肌はベタベタテカテカ。それを落とすためにまた洗いすぎてしまうという負のループが始まります。

 

洗顔の前にやっておきたいこと

 

肌を刺激しないで効率的に汚れをおとすために洗顔の前に意識してほしいことがあります。

 

メイク汚れをきちんと落とす

 

うる落ち水クレンジングアイメイクアップリムーバー

メイクや日焼け止めは洗顔料では落とせません。クレンジングが雑だと毛穴にファンデーションや日焼け止めの成分が残り黒ずみの原因になります。洗顔をする前に油性の汚れはきちんと落としておきましょう。

 

またクレンジングの成分が肌に残らないようにすすぎもしっかりとします。洗浄成分もまた黒ずみの原因になってしまうからです。かといってゴシゴシしてはダメですよ。手にためたぬるま湯で肌をなでるようにやさしくすすぎましょう。

 

毛穴を開く

正しい洗顔方法

洗顔成分が毛穴の中の汚れまで届くように毛穴を開いておくことも効果的です。洗顔の前に湯船でゆっくりと半身浴をしたり、レンジでチンした蒸しタオルを顔にあててしばらく置いたりして毛穴を開いておけば汚れが落ちやすくなります。

 

基本の洗顔方法

鼻下角栓取り方

メイクの汚れがきちんと落ちていて毛穴も開いていれば毛穴の汚れを落とす準備はOKです。基本の洗顔は固形の石鹸をよく泡立てたものを使います。

 

水分が多くダレダレの泡だと毛穴の中まで成分が届かないので汚れが落ちにくくなってしまいます。弾力のあるかための泡を立てて顔にのせたらそのままそっと押すように毛穴に密着させます。

 

この時に絶対にゴシゴシこすらないこと。泡でパックするように肌を包み込んで泡の洗浄力で汚れを浮かして落とします。

 

石鹸の泡が十分に汚れに密着したら、体温よりも少し低めの温度のお湯で肌をなでるように泡を落としていきます。

 

すすぐお湯の温度は熱すぎず冷たすぎない、体温よりも少し低めの30~32度が適温だとされています。

 

長い時間洗顔しない

ビオレジェル洗顔口コミ

長く長く洗顔すればいいってもんでもありません。洗いすぎは毛穴を乾燥させて肌トラブルを起こします。

 

あまり時間をかけてはいけません。洗顔時間は1~2分程度で十分です。毛穴が開いた状態で洗顔すれば汚れが残ることはありません。

 

力はいらない

 

毛穴がつまっていたり黒ずみがあったりするとついつい力をこめたくなりますが、ゴシゴシ洗顔は厳禁です。力を入れても毛穴の中の汚れは落ちません。それよりも泡のチカラで汚れを浮かび上がらせることが大切です。

 

基本の洗顔方法まとめ

  1. まず手をきれいに洗います。泡立てネットに洗顔料をのせて、少しずつ水かぬるま湯を加えながら細かいしっかりとした泡を作ります。
  2. 顔全体に泡をのせたらやさしくクルクルしながら洗っていきます。
  3. Tゾーンは少し丁寧に、目元や口元は皮膚が薄いのでさっと洗うだけで十分です。
  4. 手でぬるま湯をすくいながら肌をなでるようにすすぎます。生え際や耳の前、アゴは洗顔料が残りやすいで意識してすすぎましょう。

 

基本の洗顔でも黒ずみが落とせない時はスペシャルケアを取りいれる

毛穴詰まり洗顔

洗顔は毎日するものなので、基本の洗顔方法ができていれば、黒ずみや汚れがなくならなくて困るということは起こりません。

 

でも乾燥しやすい季節や紫外線の強い時期など、毛穴に汚れが残りやすいときもあります。そんな時はちょっとスペシャルケアを取りいれてみましょう。

 

たまに違う洗顔方法を取りいれることで、洗顔料に肌が飽きてきて効果がでにくくなったときのリセットも期待できます。

 

泡パック洗顔

ファンデ毛穴落ちしない

いつもよりも多めに泡立てた洗顔料を顔全体にのせます。そのまま2~3分程度おきパックします。そのあと泡を手で毛穴に押し込むように全体的にプッシュして、ぬるま湯でやさしくすすぎます。

 

肌のごわつきやざらつきを感じるときにオススメのスペシャルケアです。

 

ガーゼ洗顔

 

特に鼻の黒ずみが気になる時はガーゼ洗顔をしてみましょう。これは戦時中からある洗顔方法で祖母もやっていたんだそう。ガーゼは赤ちゃんの肌にも安心なくらい肌にやさしい素材なので、刺激を与えることなく汚れだけを取り除くことができます。

ガーゼ洗顔の方法はコチラ!

 

スクラブ洗顔

 

スクラブというと硬い小さな粒で肌をゴロゴロするイメージがありませんか?たしかに中高生時代にお世話になったビ○○などに使われているマイクロビーズのスクラブは毛穴を傷つけてしまうことがあります。なのでスクラブの素材はきちんと確認しましょう。

 

私がスペシャルケアとして使っているスクラブ洗顔はこんにゃく由来の天然成分で作られています。ぷにゅぷにゅとした弾力のある粒だから、毛穴に刺激を与えることなく汚れだけをからめとることができ、黒ずみもすっきりと落とせます。週に1度で十分、いつでもツルツルの肌でいられます。

 

こういったスペシャルケアアイテムをひとつ持っておくと、毛穴の黒ずみやざらつきが気になった時にすぐにケアできますよ。

肌を傷つけない!こんにゃく由来の天然成分スクラブはコチラ!

 

毛穴の黒ずみをなくすための洗顔料の選び方

 

肌に刺激のない成分

 

洗浄成分の強い洗顔料は一瞬汚れが落ちるように感じますが、強い成分によって毛穴に負担がかかったり乾燥したりします。刺激によって弱った毛穴からは肌を守るために皮脂がたくさん作られます。これが毛穴をつまらせて黒ずみを作り出します。

 

  • 合成界面活性剤
  • 合成香料
  • パラベン
  • 合成着色料

このような成分は肌を刺激して乾燥や炎症の原因になります。肌に負担のかかる成分は使わないようにしたいです。

 

日常使いができるもの

小鼻黒ずみ綿棒

洗顔は毎日のことなので価格も大切ですよね。いくらいいものだといっても日常使いができる価格のものでないと続けられません。また高いからとケチって使うと肌を摩擦してしまったり十分な効果を得ることが難しくなります。

 

洗顔で毛穴の黒ずみをなくすには時間がかかります。その間続けていけるような価格であることは大切なポイントです。

 

正しい洗顔方法を続けて黒ずみ毛穴をなくそう

 

毎日何気なく行っている洗顔方法が、実は黒ずみ毛穴やつまり毛穴の原因になっていることがあります。

 

洗顔方法を見直して毛穴レスの実肌をめざしましょうね!

ニュルニュル・ポツポツ気持ち悪い肌とおさらばしたい人はコチラを見てください!




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。