ちふれビオレニキビ

ちふれコールドクリームとビオレの洗顔ジェルをダブルで使うと美肌になるってツイッターで話題ですね。

 

ビオレの洗顔ジェルは持っていたんだけど、ちふれのコールドクリームがない!ない!ない!

 

ツイッターで大拡散中の話題商品だけあって、近所のドラッグストアをまわってもどこも完売で。

 

こちらでやっと手に入れました~!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ちふれ化粧品 ちふれ ウォッシャブル コールド クリーム 300G
価格:702円(税込、送料別) (2018/7/23時点)

 

 

 

 

ちふれコールドクリームとビオレ洗顔ジェルの組み合わせる洗顔方法は「毛穴がなくなった!」「ニキビが消えた!」「肌がもちもちツルツル!」とかなりの高評価♪

 

ツイッターでも大絶賛されています!

 

 

 

 

 

 

ちふれのコールドクリームとビオレの洗顔ジェルはそれぞれでも肌がキレイになったと人気ですが、このふたつを組み合わせることでさらに毛穴の黒ずみやニキビに強力なアイテムに変身するらしい。

 

ちふれコールドクリームが約700円くらい、ビオレ洗顔ジェルが600円くらいなのでふたつ合わせても千円チョイ。プチプラで優秀なのも人気の秘密かも。これで毛穴がきれいになるなら・・・さっそく使ってみましたよ。

 

ちふれコールドクリームとビオレ洗顔ジェルの使い方

ちふれビオレニキビ

ちふれコールドクリーム→ビオレ洗顔ジェルの順番で使います。

 

まずは顔や手をぬらさないでさくらんぼ大のちふれコールドクリームを肌にのばします。触感としてはもったりとした少し固い感じのクリームです。これを肌にのせてクルクルマッサージしながらメイクとなじませます。

 

マッサージ方法はちふれの公式サイトがわかりやすいです!

 

 

最初は白くかたかったクリームが段々と透明になってきてやわらかくなっていきます。クリームが透明なオイルの状態になったら洗い流します。

 

注意したい点はクリーム状のまま洗い流さないこと。肌になじむ前に洗い流すとクリームが肌に残ってしまうので時間がかかるわりにはきれいになっていないこともあります。

 

次にビオレ洗顔ジェルを使います。

 

2~3センチくらいを手にとり肌にのばしてクルクルとマッサージします。毛穴の黒ずみやざらつきが気になる部分は念入りに。

 

いつもの洗顔よりもちょっと長めの2~3分くらいマッサージしたら丁寧に洗い流します。

 

ちふれコールドクリームとビオレ洗顔ジェルを40代の乾燥肌の私が実際に使ってみた感想!

ちふれビオレニキビ

ツイッターをはじめとするSNSでの評価が高かったのでかなり期待して使いました。

 

40代の私の肌スペックは乾燥肌で毛穴の黒ずみが気になる感じです。

 

まずちふれのコールドクリームを使った感想は・・・被膜感がハンパない!というものでした。クリームのかたさも気にならなかったし乳化にも時間がかからなかったので、クレンジングという点ではストレスはありません。

 

ただ、洗い流したあとの肌に残っているというか何かが肌をおおっている感じはかなり強かったです。肌がひっぱられるような違和感もありました。

 

そのあとビオレの洗顔ジェルを使いましたがつるつるというよりかはヌルヌルといった方がぴったりくるくらい、やはり肌に何かが残っている感じがしました。でも肌がひっぱられている感触はなくならず、早く保湿をしなければ・・・と焦ってしまうほどでした。

 

はじめてだったので肌が慣れていないということもあったかもしれませんね。ただこれを毎日使うのはちょっと勇気が必要かな・・・。もう少し使ってみてまた報告しますね。

 

ちふれコールドクリームとビオレ洗顔ジェルの組み合わせは肌が元気な20代におすすめ!

ちふれビオレニキビ

私の個人的な感想ですが、ちふれのコールドクリームとビオレの洗顔ジェルは肌が元気な10代、20代向けの使い方だと感じました。

 

そう思ってツイッターを見てみると絶賛しているのは若い人ばかり。私のような40代以降のコメントは見つかりませんでした。

 

肌の水分や油分は年齢とともに減っていきます。バリア機能が低下した肌は強い洗浄成分が含まれている洗顔料には敏感に反応するんですよね。30代以降の毛穴の黒ずみは乾燥が原因で起こっていることが多いので、若い肌のようにごっそりと汚れを落とす成分のものでは肌悩みが悪化してしまう可能性もあります。

 

気になったのでいろいろ口コミを調べてみると「敏感肌にはおすすめできない」とか「肌がパリパリになった」というような私と同じ使用感を感じたコメントもいくつかありました。どのアイテムにも言えることですが向き不向きはあるようです。まあ使用感は人それぞれ、肌の状態もまた人それぞれなので。

 

 

私も20代の頃はそれこそ名前の知られていないプチプラのクレンジングや洗顔料でじゃんじゃん洗っていましたが、肌トラブルとは無縁でしたね。それが30代頃からドラッグストアで売られているビオレやダブなどを使うとピリピリしてしまって、ニキビも大量発生!!!

 

肌が元気で若ければ多少の刺激にも耐えられるのかもしれませんが、肌の機能が衰えてくると少しの刺激も炎症や乾燥に結びついてしまうんだなあということを、自分の肌トラブルをきっかけに実感することになりました。30代以降の方はぜひ使い方に気を付けてほしいです。

 

ちふれコールドクリームとビオレ洗顔ジェルのまとめ

ちふれビオレニキビ

新しいものや話題のものに飛びつく方なので、ツイッターでたくさんリツイートされているスキンケアアイテムは必ずチェックします。今回もやっとの思いで手に入れたちふれのコールドクリームを捨ててしまうのは忍びないので、腕や足にぬった日焼け止めを落とすために活用しようと思っています。

 

またしばらくは週に1度くらい顔にも使ってみて肌の状態を観察していくので、こちらでも紹介させてもらいますね(笑)

 

賛否両論あるのはどのスキンアイテムにもいえることです。こればかりは使ってみなければわからないので、毛穴トラブルに悩んでいる人はトライしてはいかがでしょうか?

 

香料、着色料、アルコールはもちろん、添加物の刺激の心配のないクレンジングがいい・・・そんなあなたにはこちらの無添加クレンジングがオススメです!

ニュルニュル・ポツポツ気持ち悪い肌とおさらばしたい人はコチラを見てください!




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。